滝の湯ロビーコンサート「桜の陣」

こんにちは。
昨日はとてつもない強風でした・・・事務所が揺れるほどの強風。
今日も北風が吹いてます。お天気も良く、日差しも暖かいのですが、風が冷たすぎます。
北風と世間の風は冷たいもの・・・ってことなんですね、やっぱり。
そんな寒の戻りすぎな今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

GW後半の5月2日から3日、4日と三日間、滝の湯ロビーコンサート「桜の陣」を開催させていただきました。
桜満開の聖光寺を通り、滝の湯様の敷地に入ると、見たこともないほどの無数の鯉のぼりが踊り、ロビーには色とりどりのお花が香る、そんなウキウキするようなシチュエーション(シュチエーション???ま、いっか)で、会長をはじめ、プロデューサーの龍一さん、各ディレクターのようこさん、はるかさん、あつ子、そして恵子さん、森山さん、愛果さん、智恵さん、朋子さん最少人数6名、最大人数8名が、オープニングの寄せ囃子、メインの山呼や多留姫、エンディングの八ヶ岳、まつり囃子などのお馴染みの曲を披露させていただきました。
二日目は、お馴染みの曲に加え、覚えたての「楽」に挑戦。
前日に初めて「楽」の楽譜を見て、当日に初めて曲を聞いた、という朋子さんを巻き込み、控室で念入りなリハを繰り広げ、リハなのにすでにテンションはMAX!!
遅れて龍一さんがいらした時には、「酒飲んだの?」と聞かれるほどの盛り上がりで、龍一さんがリハに参加される頃には、朋子、はるか、あつ子は燃え尽きていました(笑)
一応龍一さんも交えてもう一度「楽」を確認。おかげで本番は大きな事故もなく、無傷で演奏終了いたしました。
あ、バチをくるっとし忘れたりとか、平置きにした太鼓を直しちゃったりとか、各々小さなかすり傷はあったみたいですが。。。
いや、楽は無事でしたが、寄せ囃子で笛と太鼓が大きくずれたのは、昨今珍しいほどの大事故でした(汗)
なぜずれたのかは内緒ですが、笛の会長とミッツィさんが見事にリカバリしてくださいまして、事なきを得ました。会長、ミッツィさん、ありがとうございました。

こんな怪我だらけのつたない私達の演奏を、この度のお客様も暖かく見守ってくださいました。
ご観覧くださった皆々様はもちろん、スタンディングオベーションをくださったダンディなおじ様、満席のため後ろの階段上という見づらい位置でご観覧いただいたのに、ガラス越しに盛大な拍手をくださった若いご夫婦、本当に本当にありがとうございました。
ふれあいにもたくさんの方にご参加いただき、時間が来てしまい、やむを得ず終了させていただく日もありました。大変申し訳ございませんでした。ぜひ次回また、叩きに来て下さい。
こんな素敵なコンサートを経験させてくださった滝の湯様、感謝感激です。
すれ違うスタッフ様に頑張ってください、と言っていただくと、本当に力が湧いてきます。ありがとうございました。私達の演奏が、少しでも皆様のお力になっていれば、嬉しいです。

そして、GWという貴重な時間を割いてご出演下さった皆様、お疲れさまでした。
来週は滝の湯の辛夷の間です。よろしくお願い致します。
GWの疲れも残っているかと思いますが、お客様の笑顔の為、がんばりまっしょい!!

Comment : 0

コメントを残す

最近のコメント

アーカイブ

過去のブログはこちら


Facebook

メンバー募集

私たちと一緒に太鼓を叩きませんか?

泉龍ではメンバーを募集しています!
やってみたい!という方は、
まずは気軽に見学に来てみませんか。