大鹿歌舞伎

こんにちは。
昨日、天気予報を見て、洗濯しました。空がどんよりだけど天気予報が晴れだから洗濯しました。なのに、玄関開けたら雪が!!!びっくりしました。いよいよ冬です。

さて、皆様ご存知かと思いますが、茅野市芸能祭の翌週、泉野の下槻木に大鹿歌舞伎がやってきました。
その前日、プレオープン的なイベントが行われ、会長、副会長、内藤さん、おっきい森山、龍一、愛果、蓉子、杏奈、枝穂、咲希、あつ子の10名で、壱番、木遣り、八ヶ岳、まつり囃子を披露させていただきました。
当初、私達は舞台に上がらず、観客席横のちょっとした屋外スペースで演奏する予定でしたが、台風による雨の為、主催者様のご厚意で、舞台に上がらせていただく事になりました。
雨の中、寒くてテンション下がり気味でしたが、歴史ある舞台に上がれるということで、一気にテンションあげあげ!とても楽しく演奏させていただきました。本当にありがとうございました。

槻木の舞台は、小さな神社の近く、木々に囲まれた小高い所にあり、建物もロケーションも、とても趣があり、素敵な所でした。昭和半ばから使われていなかった槻木の舞台の復活は、地元の泉野小学校4年生の授業がきっかけで始まり、発起人ともいえる子供たちはNHKの取材も受けていました。こんな小さな子の思いが、こんな大きな舞台を復活させるなんて、すごいことだと思いました。
こんな小さな子どもたちですが、とっても芸達者な子たちです。槻木の舞台では語りを、先日の泉野ふるさと祭りでは、元気なダンスと合唱をご披露してくださいました。その堂々たる姿、強い心臓、雷音の子供たちにもあったら。。。と思いました。
回り舞台の改修はこれからだそうですが、古い木と新しい木の組み合わさった建物は、所々昔の張り紙があったり、あの扉は何だろう、あの階段を上がるとどうなるだろうと、とってもワクワクしました。
もっとよく観察して歩き回りたかったのですが、イベント当日は地元のパフォーマーが所狭しと出番を待っており、わらじが無いとおじ様が探し回り、着替え場所を探してさ迷う方々、積み上げた太鼓が大幅にスペースをとっていたのが申し訳ないほどで、あまり動けませんでした。パフォーマーの皆様、その節はすみませんでした。
また今度、あの舞台に立てる事があったら、じっくり見て来たいです。

この度、歴史復活の場面に立ちあうと言う、貴重なイベントにお招きいただき、本当にありがとうございました。こんな体験、一生忘れないと思います。
雨の中、演奏を見てくださった全ての方々、飯島さん、ありがとうございました。
早くに集合し、太鼓の積み込み、搬入搬出をしてくださった、内藤さん、男性陣、トラック運転の副会長、お疲れさまでした。ありがとうございました。
演者の皆様も、お時間を割いてのリハとご出演、ありがとうございました。
今回も、全ての方々に感謝感激です。

これにて、どろん!!!

Comment : 0

コメントを残す

最近のコメント

アーカイブ

過去のブログはこちら


Facebook

メンバー募集

私たちと一緒に太鼓を叩きませんか?

泉龍ではメンバーを募集しています!
やってみたい!という方は、
まずは気軽に見学に来てみませんか。